スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦ることとスピードを上げることは違う

2009年12月13日
お越しいただきありがとうございます
焦って取引すると失敗しますが、スピードを上げないと(レバレッチや取引の回数)資金は増えません。
この二つの事は同じに見えて、違います。焦るのは計算していない状態です。スピードを上げるのは計算している状態です。もちろんみなさん計算しているでしょう。しかし、計算だけしていて動けなくなっていませんか?
かといって計算しないで動くのは危険です。私の場合は少し計算して動いて、少し計算して動いて…を繰り返しています。ここで最初に計算していることに注目してください。つまり、「計算→動く」のサイクルを短くしているんです。これは学校の勉強とまったく同じです。というか真似しました
この「動く」という事も大事です。自分の心がどう動くか?という事はやって初めてわかります。計算できない分野かもしれません。しかし先人達の心の動きは事前に知ることはできます。やはり先人達も共通した心の動きがあるはずです。
物事を早く覚える、技を早く身に着けるという事は結局このやり方が一番早いんじゃないでしょうか?

今後も皆様に有益な情報を提供していきますので、ポチお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログ為替レート

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。